SM女子の本音

世の中の間違ったSM知識を払拭する為に私たちがブログを綴ります。

SMプレイで失敗しがちなこと

いろんなSMについて知ってきたけれど、そろそろSMプレイしてみようかな?
そんな人に始める前に失敗しがちなことも知っておくといいと思います。
画面や文面、映像では、頭の中ではうまくできてることも、いざ挑戦してみると以外に難しかったりできなかったり、想像と違ったりしてせっかくの時間が台無し…なんてことにならないようにしましょう。

さて、ありがちな失敗談を上げておきます。

道具不足

使いたい道具を揃えてみた。いざ使うぞ!ってなったとき、
あれ、バイブの電池が切れた。
緊縛のロープが短すぎた。
ローションが足りなかった。
コンドーム買い忘れた。
なんてみっともないド忘れは恥ずかしいよね。
遊ぶための事前の準備は万全じゃないと!!

ムード無視

雰囲気作りはとても大切です。お互いの気持ちが揃ってこその「S」と「M」の関係。
まだ盛り上がりも足りてないのにいきなりプレイを進めようとした。
普通のSEXもそうですが、SMはちょっと上をいく性の快楽。
特に女性は雰囲気を大切にします。
お互いの気持ちを合わせましょう。

緊縛に失敗

AVや緊縛師は簡単そうにやっているから出来るような気がしたのに実際にやってみると、これがなかなか上手くできない。
結びがゆるくて解けてしまったなど。
これではせっかく盛り上がっていた雰囲気も台無し…。
慣れないうちは、拘束具や簡単な緊縛から始めましょう!

ツメが甘い

女性は最後の印象、感じたこと、思いが全体の印象として残りやすいです。
なので、男性の方が1人で満足してしまって終わってしまう人。
これはSEXに多いかもしれません。
女性側がもう少しでイキそうってところで自分が疲れたとか満足したとかでさーーっと終わってしまう人。
女性はガッカリ、機嫌を損ねちゃいます。

おわりに

痛みや苦痛はいきなりはダメですが、ちょっとぐらいやりすぎかと思うぐらいの強引さが、夜を楽しむ女性達は望んでいることが多いです。
ハードプレイは徐々に!そしてなんにでも下調べや準備は必要ですね。
デートもそうであるように、SMも同じです。
相手のいることですからお互いが気持ちよくなれるよう努力は必要です。

 

この記事を読んだ人は こちらの記事も読んでいます


SM出会いサイト分析